健康

胃瘻(いろう)と肺炎について

胃瘻とは、腹部に穴を開けて胃にチューブを通し、流動食を胃に直接注入する処置です。これが問題になることがあります。 口から食事ができなくなった高齢者に無暗に胃瘻をしていた時期が、ほんの少し前まであったのです。一時的に口から食物が入れられない、…

リウマチ性多発筋痛症

この病気もこれまでと違って新しく診断されるもののようです。特別な診断法がないのが見過ごされてきた原因でしょうか。 何かの拍子に腰を痛めて腰痛になると、人間の体というものはΠの下半身の上にIの背骨が乗っているとつくずくと認識できます。Πの上に♀…

微小血管狭心症

昨夜のNHKのDr.Gでこの病気を紹介していました。研修医の三人は誰も答えられなかったのですが、Dr.Gは「習ってないでしょ」と言っていました。そんなものかと驚きました。微小脳梗塞はかなり人口にかいしゃしているからです。ほとんど親戚とも言える病気なの…

リョーシンのない「リョーシンJV」錠

富山常備薬グループとかいう地方の小企業があざといTVコマーシャルを打っています。膝の痛みを緩和するということですが、いかにも良く効くと誤解させる口調です。公正取引委員会は何をしているのでしょうか。 「リョーシンJV」の成分を見ていると、どこ…

リリカという薬

むずむず脚症候群に使える神経障害性疼痛薬です。 むずむず脚というと、「虫がふくらはぎの中を這っている感覚」という説明が良くされますが、それとも違うと思います。異常な感覚がふくらはぎの中に生じ、気持ち悪くて身を揉みたくなり、とにかくじっとして…

ウォーキングは体に良い?

羽鳥・・・のモーニングショーでウォーキングの最適量を最新の研究結果を基に報告していました。8000歩だそうです。うち、20分程度は少し強めの運動・・早歩きをするというもの。1万歩は歩きすぎだそうです。いうまでもなく、膝や腰、骨盤と脚をつな…

えごま油は買ってはいけない

食品業界はもうあきれるばかりの偽装インチキ体質のようです。廃棄物を市場にまわしたダイコーのような「くそジジイ」どものインチキ会社は氷山の一角にすぎません。そう言えば、キリタンポの季節になり、遥か昔、秋田の比内地鶏と称して廃鶏の肉を売ってい…

病院かクリニック▪医院か?

今日はおばあちゃんの膝の治療で病院に付き添いました。3時間待ちでゲンナリです。次からは近所のクリニックにします。待合室は病人で満杯。その上、寒くて、足が冷えます。売店で使い捨てカイロを買い込んで足に貼ります。病院では病気になる要因が家にいる…

風邪をひかない方: 彼を知り己れを知れば百戦して危うからず

単純な風邪にしろ、インフルエンザにしろ、病原体はウィルスです。ウィルスはDNAあるいは、同類のRNAという物質にタンパク質がついている単なる物質、言ってみればスーパーで売っているオリゴ糖かデンプンか、クズキリかというようなものです。 たまたま、DN…

続・風邪をひかない方:肺ラジエータの解消

風邪をひかない方というテーマで以前、書きました。ところで、日経アーキテクチャに面白い記事が紹介されていました。 「「採暖」の落とし穴 体に優しい快適暖房の条件 「体の一部を加熱する」やり方は暖を採るということで「採暖」と呼ばれ、暖房とは明確に…

冬季うつ

日本テレビの「スッキリ」をたまたまかけたところ、このテーマを取り扱っていました。既に旧聞に属する症候群ですが、日本ではあまり知られていないと言う事です。簡単に言えば、冬になるとやる気がなくなるというものです。一日中、グダグダとしているわけ…

胃炎の薬

職場の定期健診で胃全体に炎症があると診断されました。そういえば、1週間ほど前から食後、吐き気がしていました。なぜ?消化器官は子供の頃から自身満々の健康体のはずでした。早速、近所の消化器専門病院に行き、嫌いな胃カメラを呑み込みました。薄いピ…

風邪をひかない方

一気に寒くなりましたね。朝、そんなに防寒的な服装で出なかったので、帰りは震え上がりました。駐車場で車の温度計をみると7°Cでした。Dr.Yは一時期毎年風邪をひいていました。ちょうどこういう季節の変わり目です。年中行事に嫌気がさし、色々な事をやっ…

温泉は病気に効く?

結論から言えば効きます。風呂でも同じです。温泉の成分が効くというのではなく、体を温める事が効くので風呂でも同じです。生物の体は化学反応で生きているので温度が高い方が反応が良く進むからでしょう。勿論、過ぎたるは、なお及ばざるがごとしで、何事…

なぜガンは克服できないのでしょう

ここのところ、タレントのガンの報道が相次いでいます。 ガンはなぜ、克服できないのか?徒然なるまま日暮らしキーボードに向かいて心に映りゆく由無し事を其処は彼となく書きつくってみます。 研究者が言うには、医学は他の自然科学と違って、簡単に実験で…

ウィルスとは何か?

韓国で致死率40%というMERSウイルスが猛威をふるっています。ウイルスは生物ではないので、細菌のように殺すことができないのが問題です。細菌は細胞から成り立っている生物で、細胞の中には遺伝子と呼ばれるコンピュータプログラムのようなものが入…

味の素のグリナで快眠できるか??

一つ前のヘルシアもそうですが、サプリメントは体質依存ですので、人それぞれになります。体を治す物質ではなく、外部から体内に侵入した細菌を殺す抗生剤などの薬剤は体質に影響されない(それでも、アレルギーなどの体質依存の副作用はありえます)ので、…

花王のヘルシアはダイエットに効く??

高校時代は65Kgだったのですが、最近、季節の変わり目で体調が悪くなるので、カウチポテトならぬ、カウチPCしていたところ、70Kgになっています。そこで、脂肪を燃えやすくするというヘルシアを飲み始めました。1日の炭水化物は朝、食パン1枚にジャム…

林修君の言う「暗い所で本を読んでも目は悪くならない」は本当か?

結論から言えば、嘘でしょう。TVに出てくるタレント医師のいう事を真に受けてはいけません。彼らは医学の研究者ではないので、実験をしたわけでもなく、確固としたデータを持っている訳でもなく、単純な考えでものを言っている可能性が高いのです。酷い時に…

ピクノジェノールの副作用について

以前、膝の痛みに抗酸化作用のあるピクノジェノールが良いかもしれないと書きました。 膝が痛いシルバーの方々に - dr-yokohamanerのブログ ピクノジェノールの副作用については、ほとんど無いと、どこのホームページでも書かれていますが、どうもそうではな…

手軽で美味しく栄養的にも問題のないインスタント食品

いわゆる冷凍のインスタント食品はなんとなく栄養的に問題がある気がして常用する気になれませんが、食宅便というものを見つけました。ちょっと小腹が空いた時に便利です。元が医療用の食品なので、成分表示が十分で安心です。 食宅便(日清医療食品)shokutak…

尿路結石にならないために

少し前のNHK「ためしてガッテン」のビデオを見ていたところ、尿路結石の話をしていました。この石が蓚酸カルシウムの結晶であることは知っていました。タイでは野草として自生しているホウレンソウを子供がおやつに食べるのでタイの子供たちはたいていこの石…

水漏れするXホース(Xhose)の修理の仕方

xホースという大変便利なホースがあります。テレビのコマーシャルで昨年知り、購入しました。それまでは重いホースを20m位巻きとる方式のもので、大変不便でした。Xホースは革命的とも言える便利さです。 Xホース(エックスホース)| テレビショッピング…

市販の睡眠導入剤で注意すること:不整脈

最近、市販の睡眠導入剤的(睡眠剤、睡眠導入剤という名称は市販薬では使っていけないかもしれないので、このように言っておきます)薬があることを知りました。「ドリエル」と言います。 睡眠改善薬「ドリエル」「ドリエルEX」【エスエス製薬】 ドリエル・…

しまなみ海道 道後温泉の旅 など

啓蟄も過ぎ、人間も穴から這い出す季節になったせいか、旅行案内が送られてきます。その中にしまなみ海道がありました。そういえば、昨年、タオルの街今治から坂の街尾道までレンタカーで往復してきました。 海道というより山道という感じでした。なぜかと言…

性同一性障害について

今日は朝からどんよりとした天気です。天気が悪いと、多分、生物の脳は餌が探しにくいので無駄なエネルギーを使わずに寝ていなさいという作りになっていて、普通の人は精神が抑制的になり、何もしたくなくなります。しかし、Dr.は日常的に精神が抑制的なので…

医学とサプリメント

Dr.はサプリメントを多用しています。如何に高齢の家族に健康に長生きしてもらうかを課題としているからです。基本的に歳をとると食が細くなりますから、栄養もとれなくなります。それを補充するために、補充剤=サプリメントが必要になります。 ところで、…

新型ウツ病

ある人事担当の知人が、先日新型ウツ病の講演を聞いてきましたと言っていました。なんですか、それ?と聞いた所、最近、ウツ病のような新人が多く入社してくる。本物のウツは几帳面な真面目な人がかかるので、自分では決してうつ病だとは言いません。そうい…

冬になると憂鬱になる;季節性ウツ病

こんな名前の病気・・・というより障害があります。英語でSAD。悲しいとかけているんでしょう。Seasonal Affective Disorder。季節的な感情の障害。ですから、病気ではありませんが、この状態になる本人には深刻です。なにしろ、ウツに似た状態で活力がなく…

マクドナルドが日本ではなぜ騒がれるのか

一つ問題になった途端、昨年の混入事件までどんどん明らかになっています。 なぜ食の安全がおびやかされているのか - dr-yokohamanerのブログ Newsザップを見ていたところ、米国では別に問題にもならない。「あ、そう」程度の反応だとコメンテータが言ってい…