経済

ギリシャはヨーロッパの中国? 

Dr.Yは世界のあちこちに行っているのですが、ビジネスで行っているので後進国には用がありません。ギリシャも行ったことがありません。ところで、こんなサイトを見つけました。これを読んでいると、無教養、無秩序、無計画・・・などあたかも中国のような国…

ギリシャ人の不思議な発想

読売夕刊の見出しが面白いのです: 「ギリシャ緊縮「反対」 国民投票 大差 首相、EUに減免要求へ」 一般家庭で言えば、サラ金から大金を借りて贅沢三昧の暮らしをしていた。サラ金が返せと煩い。それで家族会議を開いたら、贅沢三昧の生活を耐乏生活に変え…

日本の家電がだめになったわけ

先日、ビジネスニュースのような番組をみていたところ、中国のHaier:ハイアールの冷蔵庫が出てきました。確かに、家電の大規模販売店にいくとハイアールの冷蔵庫などが置いてあります。家電程度でも、なかなかのハイテクで中国あたりの技術では作れるはずも…

ギリシャはEU提案に反対

人類はそこまで馬鹿ではないでしょうと先のブログに書きましたが、ギリシャ人はそこまで馬鹿なんですね。彼らの言う民主主義は借りた金を踏み倒すことでしかないようです。考えてみますと、悪法なりとも法なりと言って死を選んだソクラテスの昔から、ギリシ…

なぜギリシャは債務不履行を行ったのか

6月30日に返済期限が来たIMFへの借金をギリシャは踏み倒しました。その結果、7月1日にデフォールトとなったわけです。IMF勤務を経験したことのある東大の准教授の解説を聞いていた所、北欧と、ギリシャのような南欧の文化的違いもあって、こうい…

ギリシャがいよいよ破綻のプロセスへ

7月5日に国民投票を行うとチプラス首相が、予想通りに表明しました。しかし、6月末にはIMFへの返済があり、これに間に合わないので待ってくれと虫の良い事を言っています。IMFは、既に、1日も待たない。遅れれば7月1日にはデフォールトとすると…

BS103 運命の分岐点; リーマンショックと、格付け会社の腐敗

6月24日にリーマンショックの物語をBS103で放映していました。1時間という時間制限もありますが、あまり深く事実をえぐったものではありませんでした。 下記の本は実に深い内容になっています: 「強欲の帝国」チャールズ・ファーガソン 早川書房 …

ギリシャ、いよいよ危機的状況に

さて、明日の株式市場に影響があるか?それとも、6月のことなので、高を括るか。どうなるでしょう。 「 ギリシャ、債権団と合意なければ6月のIMF返済は不可能=内相 ロイター 5月25日(月)8時0分配信 [アテネ 24日 ロイター] - ギリシャのブーチス内…

元本安心で、資産を2倍以上に殖やす??

「元本安心で、資産を2倍以上に殖やす」などという詐欺的広告がいまだに許されているのですね。驚きました。普通の人は、これをよんだら「元本保証で、資産が必ず2倍になる」と勝手に思ってしまうでしょう。それが狙いなのです。「安心」と言っただけで、…

そろそろ株式市場に波乱か?

ロイターが、イエレンFRB議長が年内の利上げを強く示唆と報道しています。来年は大統領選なので利上げなどしている場合じゃないでしょうし、議長は景気回復は確実と読んでいるらしく、そうなると年内利上げで大丈夫ということなのでしょう。 今さら6月な…

シャープと東芝のストップ安は買いか?

シャープについては、以前にも書いています。 私、失敗しないので的株式投資がしたい人のために - dr-yokohamanerのブログ こうなるべくしてなった結果なので驚きませんし、被害もありません。しかし、東芝は寝耳に水です。ポートフォリオにも組み込んでいま…

「金融工学」の現実

一攫千金を狙うことはできないという話です。まぐれと幸運で宝くじを当てた人は別ですが、確実に資金を増やすには、金融工学を駆使しても時間がかかるのです。 「金融工学の挑戦」今野浩著 中公新書に面白い事が書いてあります。 「『平均・分散モデル』は、…

起業か、サラリー(経済成長率)か、資産(資本収益率)か

一見、比較しにくいものを敢えて並べてみました。最近、起業関係の番組がよく放映されています。そして、成功談だけが語られています。アメリカンドリームの裏は死屍累々であることは余り語られません。マイクロソフト、アップル、オラクル、シスコ、Jus…

日経平均急落

日経平均が539円下落し、19520円になりました。何でも、今年最大の下落だそうです。GWの前なので驚くにあたりません。欧米も下げていた。FOMCも弱気、日銀政策会合も黒田バズーカ第三弾はなしと理屈付けはされていますが、それは上がらない理由で、下げた理…

東洋経済社 生涯給与 生涯所得

退職金を除き、通常の「給与+ボーナス+残業」を推計したものだそうです。 平均は2億円。学歴別でありません。 以前、見た統計では、大卒3億円、高卒2億円 程度でした。 最新版!「生涯給料」トップ500社 | ランキング | 東洋経済オンライン | 新世代リー…

株式投資をする前に:LTCMはなぜ破綻したか

ロングタームキャピタルマネジメント(Long-Term Capital Management、LTCM)長期資本管理とでも訳しましょうか。ノーベル経済学賞学者2名を擁し、金融工学を駆使した安全性の高いレラティブ・バリュー取引を行う、破綻とは縁がないと思われていたファンド…

日経平均が冴えない:ギリシャが危ない

日経平均は、先々週の金曜(2015.4.10)にザラ場で2分間だけ20000円をわずかに越えて以来、さえません。本日2015.4.20も18円下げて引けました。色々事情はあるのでしょうが、Dr.Yが4/9に売り払ったのは、ギリシャ問題が怖く、かつ、20000円を越え…

日経平均20000円に達する

ようやく日経平均が20000円に達しました。実質的に2013年から始まったアベノミクスは黒田バズーカ第一砲と第二砲の間の「失われた1年半」を経て、ようやくのこと、20000円に達したのです。あちこちの証券会社のディーリングルームで拍手が起…

株式投資の勧め

こんな事があるのですね。 「■ 年収1200万円から生活保護寸前に 年収1200万円の生活が一転 『まさかこんなことになるなんて……』 50代の男性はそう嘆く。彼はかつて誰もがうらやむエリートビジネスマンだった。外資系IT企業を渡り歩いてキャリアアップ。ピー…

年金のマクロ経済スライドとは

週末、朝食のパンを齧りながら、徒然に任せテレビをつけても何も面白い番組がないのです。旅サラダくらいでしょうか。で、録画してあったニュースを見ていた所、掲題のトピックスをやっていました。 「マクロ」とは、「ミクロ」の対義語で、「大きな」という…

日本経済は80年代のバブル状態?!

不思議な記事をみました。掲題だと言うのです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000002-maiall-brf eadlines.yahoo.co.jp Yahooからは消えてしまっていますので、オリジナルの毎日新聞から再掲します。 「アベノミクスバブル崩壊25年 …

2013年から2015年3月までの日経平均株価の主な動き

そろそろ、Dr.の目標とした日経平均20,000円に近付いています。アベノミクスは2012年年末近くから始まりました。概ね、2年経ったことになります。 3本の矢と言われる3つの政策も、まあまあうまく行っています: 1.金融戦略 2.財政戦略 3…

ギリシャ、「20億ユーロの返済期日週末に迫る」のだそうで目が離せません。

「20億ユーロの返済期日迫るギリシャ政府は、財務省短期証券の償還やIMFへの債務など3月13日に約20億ユーロの返済期日を迎える。ユーログループとの協議が決裂した場合、次の措置を早急に決めなければならなくなる。 」http://www.bloomberg.co.jp/new…

米経済指標好調とNYダウ下落とFRB利上げタイミング

昨日金曜は米国の失業率低下と雇用者数増加によりニューヨークダウ平均株価が279円下落しました。 「労働省が発表した2月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比29万5000人増加した。前月は23万9000人増と、速報値…

日経平均株価指数 ETFを売るべきか、まだ持つべきか

独白です。 日経平均が19000円を目前にして揉み合っています。昨日の18939円は注文間違いなのだろうと言われています。コメンテータはそんなことならキリの良い19000円で注文すればよかったのにと面白いコメントでした。 さて、日銀は黒田バ…

株価大暴落の偽報道と大暴落の時期推測

「株価大暴落」という危機を煽る広告を最近、良く見かけます。よく読むと、「タラレバ」話にすぎません。「もし・・・だっタラ」「もし・・・になレバ」という仮定の上での話をして、いかにも明日にも大暴落が起きそうに誤解させて読ませる大衆週刊誌やスポ…

株式投資の非勧め

「日本株2万円超えと大暴落の前兆」などというスキャンダラスな広告がYahoo!のサイトに出ます。その内容を検証してみましょう。この広告は「株の学校ドットコム」のものです。 まずは冒頭です:「 2013年の日経平均は1万604円50銭で始まり、アベノミクス効…

為替と株価が連動しなくなった

ほんの1,2か月前には、まだ、円が下がると株が上がり、円が上がると株が下がると言う逆進構造の関係がありましたが、最近は兜町の強さは目を見張るものがあり、この逆進構造は消えてなくなり、株は為替に独立に値付けされています。この事は何を意味する…

マイナス金利とは

マイナス金利とはピンとこない言葉ですが、簡単に言えば、銀行に預金すると、手数料を取られるという事です。勿論、通常の利子などつきません。スイスの銀行では、昔からあった制度ですね。資産家の財産を安全に預かっているのだから、管理料を頂きます、と…

右肩上がりの株式市場では、買って寝ていなさい

一昨日でしたか、東京MX(MX2)TVの22:00からのWorld Marketzでチャートしか見ないというコメンテータが、右肩上がりの市場では「何もしない」人に勝てないのは仕方ない、などとプロとも思えぬ発言をしていました。 ふと、思いついて手持ちの日経平均株…