風邪を克服する

 Dr.は大病しない代わりに、毎年、酷い風邪を引いていました。インフルエンザではなく(勿論、fluもひきます)、普通に体内に常在しているアデノウィルスによるものです。一度引くと、2週間は寝っぱなしになります。予後も悪く、2月くらい体調が極端に悪い状態になります。

 勿論、様々な手当をしてきました。医者はこういう個体依存の、しかも、死に至らない病には無力です。自分で原因をつきとめ、対処するより他はありません。しかも、年に1,2度しか実験のチャンスはありません。時間がかかります。予後の体調の悪さには小柴胡湯が良いと言われていましたので、これを試みましたが無駄でした。

 そもそも、なぜ「必ず」ひくのかが不明です。多少の偏食はあるので、米国に出張するたびにマルチビタミン・ミネラル錠を買ってきて念のため服用していました。当時、マルチビタミン剤は国産でもありましたが、ミネラルまでも含むものはなかったと思います。有っても、異常に高い価格でした。米国で買えば、300錠で$9.99です。栄養的には、ミネラル不足くらいしか疑うものはありません。が、効きません。

 元々、鼻粘膜が弱いので、寒く、乾燥した空気になった時に、免疫力を弱化させ(体温が下がると免疫力は極端に落ちます)常在ウィルスにやられるのかと思いましたが、対処方を思いつきません。ある時、ふと、まさかと思いながらも葛根湯を試してみました。これが効いたのです。それ以来、十年以上、一度も重い風邪にやられたことはありません。

 葛根湯は万能薬なのです。ということは、何にも効かないという考え方もできます。江戸時代には藪医者の事を「葛根湯医者」と言ったということです。どこが悪くても、葛根湯を処方したからです。ところが、これは正解なのです。葛根湯は免疫賦活剤として機能するのです。ですから、万能薬なのです。但し、そんなに強い効果があるわけではないので、完全に風邪になってしまってからでは、あまり効果はありません。ゾクっと来たら、即、服用です。それで、Dr.のカバンの中には年中、葛根湯が入れてあります。それでも、切れた時が不安なので、職場の机の上にも置いたままです。

 クラシエの錠剤のものを使っています。何しろ、価格がreasonableだからです。

なお、風邪やfluはウィルスによるものです。つまり、抗生剤は効きません。基本的には自分の免疫に頼るか、抗体を作るためにワクチンを予め注射しておく以外に手がありません。最近は、ウィルスの増殖を抑制するタミフルやリレンザのような、なんと抗ウィルス剤ができていますが(うまい抑制機序を発明したものです。細胞内に侵入したウィルスの行動を抑制するのは困難ですが、細胞の出口で待ち構えて、出られなくする!!頭が良い研究者がいたものです。セレンディピティかもしれませんが、それを見逃さなかったという所が凄いのです)、風邪の患者が山のように集まっている病院にいかないといけないので、却って風邪にかかるという危険を冒さなければならないという矛盾を抱えています。

 http://www6.ocn.ne.jp/~matsukc/tiebukuro/wadai/tamifurutaisei.html

 医者にいくと、抗生剤やら、解熱剤やら山のように、どうでも良い薬を大量に処方され散財するばかりでなく、医療保険システムを破壊する片棒を担がされます。一度、医者に、どうしてウィルスに効きもしない抗生剤を処方するのかと聞いた事があります。二次感染を予防するためとのことです。それは確かに、ウィルスで痛んでいる免疫機構の隙をついて、今度は細菌が忍び込んでくる可能性はありますけど・・・。釈然とはしません。

 というわけで、どうも、免疫が弱い体質、鼻・咽喉が弱い人は、葛根湯をゾクッと来た瞬間に飲み始める(1週間程度)ことを試す価値があると思います。通販ならかなりディスカウントされています。

広告を非表示にする