読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野獣が人間になれるか?

 残忍・冷酷な野獣が起こした事件です。今の日本の刑法は「更生」を期待して、こんな獣にも軽い刑しか課しません。冷血で偽善の人物たちが作った法なのです。遺族の悲しみはいかばかりか・・・想像するに余りあります。

川崎市男子中1生殺害 ・・・

フジテレビ系(FNN) 3月1日(日)1時17分配信

神奈川・川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の男子生徒が殺害された事件で、逮捕された主犯格の18歳の少年

川崎市男子中1生殺害 事件前日夜、被害少年のスマホ取り上げたか(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

 さて、この主犯である獣が更生する可能性があるでしょうか。無いと断言できます。18歳までかかって、脳がそのように出来上げっていて、人間としての新皮質の発達ができていないからです。

イスラム国の獣たちも同様です。下記以外の方法はありません:

米政府、「ジハーディ・ジョン」を拘束し殺害すると表明 (Bloomberg) - Yahoo!ニュース

 

狼少年 (野生児) - Wikipedia

人間の精神的発達
我々人間が言葉を用い、複雑な思考を行ない、豊かな感情を持つのは、決して生得的なものではなく、放っておいてもそのような資質が自然に発生する事はないとされている
人間の言語獲得の能力は3歳頃ピークとなり、その後低下を示し、少年期の終わり頃12歳~13歳までに獲得できなければ、完全な習得は困難と言われている[4][5][6]。
人間の精神的発達は、幼児期の環境に大きく影響され、人間的な発達には、幼児期において人間的な環境から習得される必要があり、幼児期に確立された精神的発達の基礎は、その後の発達に影響すると言われている[4][7]。 それらをのちに矯正することは困難であると言われている。

 

http://itmama.jp/2015/02/16/76921/

脳科学が証明!「●歳までの本の読み聞かせ」が子どもの人生を左右する

最近の脳科学の研究で、“3歳までの本の読み聞かせ”が、その後の子どもの一生を左右するという結果が出ており、その研究結果を受けて、アメリカの小児科学会が本の読み聞かせを積極的に進める方針を固めたという記事が、『The New York Times』に掲載されていました。 

    ・・・

この研究結果でも「脳がどれだけ発達するかは、生まれてから3年間に決まる」と言われています。」