読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資の勧め

 こんな事があるのですね。


■ 年収1200万円から生活保護寸前に

年収1200万円の生活が一転

『まさかこんなことになるなんて……』

50代の男性はそう嘆く。彼はかつて誰もがうらやむエリートビジネスマンだった。外資系IT企業を渡り歩いてキャリアアップ。ピーク時の年収は1200万円に上り、充実した生活を送っていた。ところが、現在の年収は約300万円と4分の1に。一時は生活保護の申請に足を運ぶなど、生活に困窮していた。彼の身に一体何が起こったのか。

・・・

--------------------------------

コメント:

>年収1200万円から生活保護寸前に

年収1200万円時代に、病気なりに備えておくべきだろうに・・。

それを全部社会の所為にするのは、どうかと思うぞ。

------------------------

・・・

それで貯蓄がろくになく、保険にもまともに入ってない、
外資であるなら当然日本の一部上場企業のような保障は無いのだから、
相応のリスク回避をするための対応をしておくべきなのに、
それすらしていないとなれば、自己責任といわれるのはあたりまえだと思うのだが。

お金を稼いでいた時期がありながら、最終的に貧困に陥ってるひとは、
大抵、その時が良ければ良いでお金を湯水のように使ってる人が
多い気がする。
どう考えでも、その時貯蓄しておけばしのげたよね?と言う感じで、
むしろお金を稼いでるのに貯蓄して慎ましやかに暮らすのはバカという
価値観で困ってはじめて後悔したという感じが気がする。

6人に1人が貧困という日本の不都合な真実 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

 この記事に対するコメントの多数は上に引用したものが代表しています。

 外資系企業は能力を買うのであって、日本の企業のように人をかうわけではありませんから、能力が尽きるとすぐにリストラです。知人の外資系銀行員が言っていました。「朝、出社すると机の上にミカン箱が3個置いてあるのですね。それに私物を詰めてさっさと出ていけということです。勿論、後ろにはガードマンが居て、玄関を出るまで送り狼のように離れません。首になった奴が怒って事務所を荒らすかもしれないからです」

 日本の大企業は忙しく、毎月100時間~200時間の残業です。Dr.Yの友人などは深夜まで残業、夜10時頃になると事業所前に駅さながらに並ぶタクシーで帰宅です。土日も労働基準法ギリギリまで臨出で働くので、月給が倍以上になってしまう上に、お金を使う暇がないというので、就職して3年で3LDKのマンションを買いました。投資の意味もあります。工場近くの駐車場は金を使う暇がない人々のベンツ、BMWばかりです。

 年収と言うのはフローですから、投資しなければ無くなります。貯金は50年もすれば1/10に目減りします。いかにして物価スライドするストックに変換するかです。少し前の日本企業は、終身雇用でしたからフローだけでも生きていけました。一気に大きな金額はなくても、一生涯、暮らせるだけのお金を給与と年金として保障してくれたからです。

 しかし、今はストックを作らないと安心できない時代になりました。共産主義は人間性の本質を知らない理論でしたから、大失敗のうちに滅びましたが、資本主義も成熟してくると、どうも、今の日本のようになるようです。製造業においては肉体労働は機械化で不要になり、それでも人手の必要な工場は賃金の安い低開発国に出て行ってしまいます。残るのは機械化できないサービス業だけとなります。

 ストックをどうして作るのか。フローの一部を投資するより他に手はあまりありません。宝くじを買う、100万部売れる小説を書く、企業が揉み手で買いに来る特許を書く。どれも一朝一夕にはできません。一番簡単なのは株式投資です。が、これも、多くの人は下げる株を買い、上げる株を売って、損ばかりした挙句、資金を失うのです。こればかりは、机上の秀才では何ともなりません。株式市場の癖をしらなければ。彼を知り己を知れば百戦してうからず。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し、なのです。

 こんなアノマリー(市場の癖)がありました。

ダントツ投資 : 2005年の株価はどうなる? - 季節のアノマリー -

なぜこのような「"へ"の字」カーブになるかは、正直わかりません。いずれにせよ、12月下旬で日経平均を買って5月上旬に売りをするだけで年間14%(12月-5月で4%の上昇、5月-12月で10%の下落)ほどの利益!! を14年間通算で得ることができたということになります。

 このアノマリーは2005年に限りません。いつでも使えそうです。年間14%ということは5年でほぼ2倍です。

その他、

株価のアノマリー 季節と株価

 これらと以前の記事(5年で2倍を狙う)とを組み合わせると、毎日、株価チェック・売買するなど面倒は不要で、世界経済に気を配っているだけで良く、面白いかもしれません。

私、失敗しないので的株式投資がしたい人のために - dr-yokohamanerのブログ

 

スマートチャートは役に立ちます。

高機能チャートで詳細分析 プレミアムチャート:日経会社情報:日本経済新聞

 

広告を非表示にする