読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京オリンピックエンブレムは佐野氏の剽窃ではない?


 「五輪エンブレム 組織委員会が原案公開し盗作否定
 2020年東京五輪の公式エンブレムが盗作疑惑問題で揺れる中、佐野研二郎氏(43)のデザインを選考した大会組織委員会が28日、都内で会見を行い、あらためて盗作を否定した。

f:id:dr-yokohamaner:20150828185337j:plain

(日刊スポーツ)」

-- http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172369


 これが本当なら佐野氏の原案は、あくまで原案は、です、そしてこの声明が真実と仮定して(まだ証拠がありません。単なる主張です)、剽窃ではないと言えましょう。デザインの要素が極く自然に東京オリンピックの意味を持っています。東京の「T」、「日の丸」。この要素にまったく無理はありません。たとえ、リエージュ劇場のロゴをを見たことがあったとしても、佐野氏の原案には、個々の要素にそれとは異なる存在意義がありまして、リエージュロゴを彷彿とはさせません。
 しかし、それでは最終案は何なんでしょう。これはパクリ以外の何物でもありません。ダメ出しに耐え切れず、佐野氏はついに禁断のパクリをやったのだと、この記事=組織委員会は主張していることになります。あるいは、オリンピック組織委員会の誰かが佐野氏の耳に悪魔のささやきをしたとこの記事は言っていることになります。

 そろそろ、下に書いた記事の動きが出てきたとしか思えません。

dr-yokohamaner.hatenablog.com