続・風邪をひかない方:肺ラジエータの解消

 風邪をひかない方というテーマで以前、書きました。ところで、日経アーキテクチャ面白い記事が紹介されていました。

「採暖」の落とし穴 体に優しい快適暖房の条件

「体の一部を加熱する」やり方は暖を採るということで「採暖」と呼ばれ、暖房とは明確に区別されている。
  
この人体のオモテ面とウラ面で熱を移動させているのは血液。血液が体中を循環するうちに表面で加熱され、ウラ面で冷却されるのだ。こんなエンジンの「液冷却」のようなことをやらせていれば、血管や心臓に大きな負担になりそうなことは容易に想像がつく。」

 暖房とは、房=部屋の全体を暖める事。部屋全体を暖める能力のないストーブの前で体の一部を温めることは暖を採る=採暖なのだそうです。

 そういえば、関東以西などでは、暖房などはほとんどされず、札幌の人に本州は北海道より寒いと言われたりします。採暖しかしていない家がほとんどではないでしょうか。まして、寝てしまうと、暖房は止め、布団の暖かさだけに頼り、室温は外気温+α的な低さです。上記の記事になぞらえれば、寝室では、冷たい空気を肺一杯に吸い込んでいます。肺はなんと、ラジエータになって、暖かかった血液をこの吸い込んだ冷気で冷やして全身に送り、全身冷房状態になっていますダウンの布団はやめて薄い布団で寒くないような室温にすることが重要なのでしょう。更に、前の記事で紹介したように、平熱から体温が1℃下がれば免疫力は30%低下します。恐ろしい状態になっていたのです。

 冬になるとなぜ、急に風邪ウィルスが元気になるのかが不思議でしたが、ウィルスが元気になるのではなく、免疫が落ちていたのではないかと思い至りました。

 Dr.Yは間違いなく、アデノウィルスを始めとする各種風邪ウィルスを常在ウィルスとして喉とか鼻の奥に飼っています。このウィルスが、体温低下、特に寝ている間のラジエータ効果で低下→ 免疫力低下→ 朝、起きると喉と鼻がおかしいという状況を作り出していたのではないかと思っています。

アデノウイルス感染症Q&A

「かぜのウイルスには、アデノウイルスの他にライノウイルス、RSウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなど数限り無いと言って良いほど多くの種類のウイルスがあります。」

 

 そこで、リビングは当然ながら採暖ではなく暖房になっているのですが、今年の冬は更に寝室のエアコンも一晩中消さないでいます。20℃の暖房設定ですラジエータはこれで解消できます。電気代が心配ですが、風邪の苦しさ解消には代えられません。