読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・学問のすすめ:実例

 書いたばかりの記事に、もう「続」です。金が手に入ると、時期を失い二度とは入手できない学歴が欲しくなるんでしょう。学歴は、金よりも大事なのでしょうね。教養、品位、信用を与えてくれるからでしょうか。


ショーン・マクアードル川上氏(47)に学歴詐称疑惑が浮上した。

・・・

 川上氏の公式ホームページ「SEAN K」の英文プロフィールには長年にわたり、下記の記述があった。

<高校卒業まで日本で教育を受け、大学で米国に戻り、フランスで2年間を過ごした。(中略)テンプル大学でBA(学位)、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。パリ第1大学に留学をした>(編集部訳)

 川上氏は「週刊文春」の取材に対して、「学位は取っていない」「パンテオンソルボンヌ(パリ第1大学)には入っていない。オープンキャンパスの中で聴講した」「ハーバード・ビジネス・スクールには、オープンコースの3日くらいのコースに1回行った」などと回答。「ホームページは知らないうちに間違った文章が載っていた」などと釈明した。現在ホームページのプロフィールは削除されている。

」-- 週刊文春WEB

 

Yahoo!News

ショーンK氏 フジにも虚偽報告…学歴「そもそも公表してない」

スポニチアネックス 3月17日(木)5時36分配信

週刊文春」(16日発売)の報道を受け、川上氏が15日に過去に公式サイトの英文プロフィルに記載した学歴の詐称を認めた。スポニチ本紙の調べでは、14年12月時点ではこの学歴は削除されているが、現在見られないとはいえ、公式サイトに載せていたのに「自分では公表していない」というフジ側への説明はウソだったことになる。週刊文春によると高校時代のあだ名はホラッチョ川上氏の故郷・熊本ではホラ吹きという意味。今回の件もホラといわれても仕方ない状態だ。」

 

 過去には民主党議員の古賀氏もそうでした。こういう嘘つき体質の人間というのは最後まで往生際が悪いのです。

学歴詐称疑惑 

ペパーダイン大学卒業」としていた経歴が偽りではないかとの疑惑が浮上。経歴詐称は公職選挙法の定める虚偽事項の公表にあたる。当初は「弁護士を通じて卒業証書を受け取ったが、紛失し、弁護士の名前も忘れた」などと弁明をしたが、大学側が「古賀は卒業していない」と発表。

」-- wiki

 何といいますか、努力はしたくないが、良い恰好はしたいというわけです。最低の人間でしょう。

 

 電車に乗っていると吊り広告に大学の公開講座の広告がよくあります。大学のコマーシャルです。そんなものを聴いただけで「卒」なら楽なものです。下の写真はハーバードの生協で買ったネクタイです。これでMBA取得にしてもらえればありがたいことです。

f:id:dr-yokohamaner:20160318193639j:plain

f:id:dr-yokohamaner:20160318193513j:plain

  

f:id:dr-yokohamaner:20160318141637j:plain

 

f:id:dr-yokohamaner:20160319125752j:plain

 これはハーバード大の正門前にあるハーバード大所有の研修所で行われたハーバード大出身者が作っているシンクタンクの一週間技術評価コースの資料ですが、修了証をもらって終わり。キャリアとしては何の足しにもなりません。面白かったですけどね。朝から晩まで次々と講師が出てきて聴いているだけです。

 

f:id:dr-yokohamaner:20160319175534j:plain

ハーバード大のあるケンブリッジの隣町、大都市ボストンの市街

 

 このblogのアイコンに出てくるフランス人はパリ第四大学だったか、あの有名な所謂ソルボンヌ大学卒ですが、フランスの大学は別にエリート育成機構ではありません。社会的エリートは、グランゼコールから輩出されます。

 

 フランスの大学はバカロレアという日本でいえば、センター試験のような簡単な統一試験に受かればどの大学にでもいけます。そんなことをすれば、全員パリ大学に来てしまわないかと言ったら、来てもパリ大学では難しくて単位がとれず落ちこぼれるので適当に地方の大学に分散するのだそうです。