読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事をしたくない検事たち

 まったく、秋霜烈日のバッジはどこに行ってしまったのでしょう。仕事をしたくない検事たちがあちこちにいます。

 三流大学から辛うじて司法試験に受かったものの、田舎の検察庁に追いやられた検事たちは、キムタクが演じるHEROの検事のような責任感はなく、北の果てで腐ってしまい仕事など真面目にやるきはサラサラないのでしょう。

 その実質的親玉がこの人です。wikiを見ても、どこを見ても学歴が出てきません。マイナーな人なんですね。

旭川地方検察庁 検事正 松 並 孝 二

( この写真は旭川地方検察庁への外部リンクですので、この事件が終わり異動でどこかに飛ばされると、「アドレス不明」になって表示されなくなります)

 こんな事件です。

危険運転致死罪の適用求め遺族らが札幌高検に要望書

 旭川市で5月4日、飲酒運転の車に衝突されて死亡した中島朱希さんの遺族らが、より刑の重い罪の適用を求めて、28日、札幌高等検察庁に要望書を提出しました。
 この事故を巡っては、旭川地検が「事故は『ハンドル操作のミス』が原因だ」として、石崎勝彦被告を過失運転致死などの罪で起訴しました。
 しかし、遺族らは「酒の影響で事故は起きた」として、「危険運転致死罪」を適用するよう検察に再捜査を求めています。
 遺族らは16日に旭川地検に要望書を提出しましたが、地検はまだ検討中としていて、28日は地検を管轄する上級庁の札幌高検に適切な捜査の指示を求めました。

」-- HTB Newsより引用

【旭川】旭川市の国道で5月、飲酒運転の乗用車とワゴン車が正面衝突、ワゴン車を運転していた市内の小学校教員中島朱希(あき)さん(38)が死亡した。・・・

事故は5月4日午後7時ごろ、市内末広1の国道で発生、石崎被告の乗用車が中央分離帯に衝突後、対向車線にはみ出し、ワゴン車と正面衝突した。捜査関係者などによると、石崎被告の呼気から基準値の3倍のアルコールを検出。運転中の車内でもビールを飲み、量は約3リットルに上ったとみられる。時速100キロ以上で走行していたとみられ、「スリルを味わいたかった」とも供述しているという。」ーー北海道新聞

 スリルが好きで、前にいる車をみると抜きたくなる。酒を飲むとその欲求が更に高まると告白しているとのこと。なにしろ、中央分離帯に衝突、タイヤが外れてしまった位のデタラメ運転をしていたということです。タイヤが外れても110Kmもの時速では止まらず、反対車線に飛び出し蛇行運転した末に相手を殺した事件(事故じゃなく)です。死刑でいいのではないでしょうか

 危険運転致死罪」の適用には少しばかり裏付けの仕事をしなければなりません。そんな聞き取り調査などの面倒な事はしたくないので、副検事は警察の調書をコピペし、上司の検事はめくら判を押して一件落着にできる「過失運転致死」での起訴としたのでしょう。勉強不足、仕事やる気不足で適当に書いたコピペ起訴状で「危険運転致死罪」にして、裁判で無罪になると、更にx点が増えるので、確実に有罪を取れる答案を書いたとも言えます。英検1級が必要な業務なのに勉強をしたくないので手を抜いて3級でお茶を濁しているようなものです。

 この種の事件に詳しい弁護士は、副検事が立件して、検事の判子をもらうのだが、彼らは勉強不足で最近も起きている重大な交通事故の判例最高裁通達などを見ていないので、知らないのでしょう、と。そういうことを無くすように検察庁を引き締めるのが検事正の役割なのですが、彼自身も島流し組なので、まるでやる気がないと思えます。

 週刊文春さん、是非、旭川に飛んで、こういうダレ検達の日常生活を暴いてくれませんか。きっと、北の場末に追いやられた荒れた精神の人々でしょう。彼ら自身、毎晩場末の酒場で飲んで運転しているのかもしれません。だから、酒飲んで運転してナンボのもんじゃ。そんなもんワイラも毎晩やっとるわいといわんばかりの起訴状なのです

 HEROは、あんな検事がいたら正にHEROで、フィクションにすぎず、キムタクの周りにいたまるでやる気のない検事たちがノンフィクションなのでしょう。しかし、こんな中央のTVで報道され大事になってしまって、勉強不足の検事たちは、まさかそんな事になるとは夢にも思っていなかったので、今頃は泡を吹いて焦っていることでしょう。これで、中央に戻れる夢は消えたかと