読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本郵便の仕事のやる気無さの証明

 小泉元首相が郵政省を解体して幾年経つか。相変わらず、木端役人崩れの仕事のやる気の無さは健在のようです。下記の不在連絡票にそれが如実に現れています。左がクロネコ、右が日本郵便クロネコは運転手への直通電話が第一オプションとして書かれていますが、日本郵便は第一も第二もコンピューター応答でお役人様が庶民の相手をするつもりはサラサラないのです。

f:id:dr-yokohamaner:20160722114456j:plain

 この2通が玄関に来ていました。

 この不在連絡票に日本郵便の「仕事は可能な限り手を抜き、まじめにすべからず」の精神が如実に現れています。第一オプションが違うのです。黒猫は運転手への直通電話が書いてあります。一方、日本郵便はお客様と直にお話しするのは恐れ多いとでも思っているのか、コンピュータでネットを見て下さいということです。第二オプションも人間は出てきません。どこかに、郵便局の人間が出る番号が書いてあるらしいのですが、例によって、コソっと分からないように入れてあり、苦情があったら、ほらここに書いてあるじゃないですかと言えるように逃げを売っている場所に書いてあるようです。第1、第2オプションと同じ系列に第3オプションとしては書いてないのですね。これだけみても、(元)役人の本文は仕事をしないことであるを地で行っている企業だという事がわかります。

 さて、そこでまず、クロネコに電話して、第一オプションである電話で運転手に在宅を告げました。次に日本郵便に掛けようとしても黒猫のような即時配達の機能はありません。当然、そんな電話番号は記載されていません。

 第一オプションとしてWebサイトを見よと書いてあります。この通知、後期高齢者への重要書類を送ったものです90歳の後期高齢者に、Webサイトを見よと言うのが、既に如何に日本郵便の企画部門の官僚崩れたちが浮世離れしているかを示しています。仕事などする気はサラサラ無く、とりあえず、仕事をしたらしき辻褄合せをしているだけです。

 で、こんな木端役人どもが作ったサイトなど、見ても分からないようにできているにきまっているので、パスです。そもそも、母体だった郵政省は上級公務員試験下位組の吹きだまりであって、我々上位合格者とは縁の無い省なので、頭が悪い上に不貞腐れてやる気もないのでしょう。何しろかつて大臣にお前らは省でサンダルを履くから三流省庁と他の省から馬鹿にされるのだと叱られサンダル禁止令が出たほどです。

 第2オプションは、コンピュータ自動受付です。電話するとどこに書いてあるのか分からないような数字を延々と入力させられます。どうして、高が再配達にこんなに情報を欲しがるのでしょう。郵便物のIDか、こちらの住所だけで済むはずです。とにかく木端役人崩れとしては、自分たちは仕事をしたくないし、責任がかかる事も嫌だ。そういう物は全て民らに押しつけようという意図でこうしているのです。業務サボタージュと責任回避が彼らの最大の関心毎です。で、最後に自宅の電話番号を入れよ。

 こんなややこしい事は後期高齢者にはできないので、そもそも、貼り付けられている曲がりくねった紙の小さなカスレタ字は読めないので、Dr.Yが代行していたのですが、もう、頭もヘトヘトで自宅の電話番号を間違えました。そこに、ピンポ~ンと、なんともう黒猫ヤマトが届いたのです。腹立まぎれに電話を投げ捨て、玄関へ。無事に受領。さて、この間抜けな能無しの日本郵便はどうしてくれようか。

 そもそも、この自動受付、純民間の宅配便とは違い、本日中には届きません。明日以降です。明日はお出かけ。何時来るとも知れない郵便局を、官ならぬ民はじっとお役人様崩れが有りがたくももったいなくも届けてくださる郵便物を待っていないといけないのです。

 こういう仕様の不在連絡票は、典型的な仕事と責任嫌いな官僚思考で作られたもので、とても民間サービスとは思えません。とにかく、面倒な事は全てお客様にやって頂きましょう。無駄な情報入力も我々の責任回避のためには必須です。後期高齢者には難しくても、それで郵便を受け取れない害はお客様にあり、我々日本郵便にはなんの被害も起きないので大丈夫です。全く問題ありません。字が小さくて90歳のお年寄り様には見えない?そんなものは、虫めがねを使えば良いのです。ごちゃごちゃしすぎで、意味が分からない?それは、分かるように努力して頂くより他ありません・・・大体、こういう思考が官僚の思考であり、嗜好であります

 というわけで、この書類を送ってきた後期高齢者医療連合という、これまた木端役人の仲間のような組織に電話しました。1.のWebは使えないのですけど。2.の自動受付はもっと分からないのですけど。字は小さくて読めないし、どこに入力すべき情報が書いてあるのか分からないし、時間が掛りすぎて息が切れるし、そもそも、あなたがたの後期高齢者サービスをやっている部門は、こんなにやる気のない木端役人崩れの日本郵便など使わないで、電話一発ですむクロネコか、佐川か、福山にすべきでしょう。公務員の仲間内で仕事を回しあいたいとか、そうしないと許認可権を持つ親元省庁に陰湿な意地悪をされるとかという動機でしょうが、肝心な後期高齢者へのサービス機関であるという意識が欠落していますね。窓口の女の子は、待っていれば再度配達が来ますので、待っていてください。の一点張り。とにかく、クレイマーのような奴は如何に早く電話を切らせるかという教育を受けているようなのです。隣にベテランのオバちゃんがいるらしく、こう言いなさいという声が聞こえてきます。

 結果として、まともな男の事務員に代り、市役所で発効するのでそこに取りに行くという手続きにしました。この男性事務員、役人の一派ではあるのですが、民間企業並みの手際の良さと心配りで仕事をこなしました。何を好き好んで木っ端役人などやっているのでしょう。木端役人でもやればできるのですがーーといいますか、三流人間の集まりの郵政関係は腐りきっているので無理でしょうーーできたらやりたくないという気分なのでしょう。東京都の職員は舛添氏以下、やることがないので新聞読んで遊んでますと、以前、相当前、舛添氏以前ですが、都の親しい職員から聞いた事があります。役人はどこも似たようなものです。