激安監視カメラ

 

f:id:dr-yokohamaner:20190818131737j:plain

 

f:id:dr-yokohamaner:20190818141550j:plain

 

Victure Wireless Security Camera PC540なるものです。Amazonで。4000円くらいだったか。AndroidiOSから動かせます。

 

「Victure 1080P ネットワークカメラ FHD WiFi 屋内ワイヤレス防犯カメラ 動体検知 暗視撮影 家庭監視ディスプレイ 双 ¥ 3,999」

 

ただ、癖が強く、余程のオタクか、暇人でないと設定が無理。5GHzに対応してない。2.4GHz接続しても、Wifiのパスワードが長すぎると文句を言われ、仕方なく有線接続。

 

説明書が機械翻訳らしくおかしな日本語は理解できるから良いとして、説明が雑すぎて設定画面のーーと言うか、設定の前のlogin画面で、どうするんだと固まります。何とか言う数字を入れる箱が表示されているんですが、何だかわからない。7-11のお粗末な事件で一躍有名になった二段認証で送られてきたメールに記載の数字だったりとか。でも、そんな説明は画面にはない。書いておくべきでしょう。下に引用したyoutubeの人もそこで戸惑っています。

 

と言うわけで、大昔、DOSで、config.sysやautoexec.batを手で書きまくったようなオタクでないと、心が折れます。Dr.Yは十分なオタクなので無線をあきらめ、何とか有線LAN接続にして稼働はさせましたが、忙しいのでそれ以上遊ぶ気にならず、またその方法を事細かにここで書こうとも思いません。つまり、出来る人には出来るけれど、出来ない人は、どう説明しても絶対に何処かで躓く品物なので、買ってはいけません。

 

Dr.Yの目論見としては、フラッシュメモリーに常時記録したいだけで、遠隔からカメラの写す情景を見たいわけではありません。その目的には既に3台のカメラが動いているのです。

 

で、ドラレコのように電源スイッチ一発で記録開始という簡単なものを期待したのですが、スマホタブレットでアプリが動いていないと何もできない代物なんです。十分に暇があったら遊ぶには面白いものです。

 

m.youtube.com

 

 どうにか、動いたのですが、マニュアル画面が英語なのに、アプリは日本語化されていて、却って良く分かりません。簡単な説明を自分への備忘録として残します。

 

録画の設定:スケジューリングと動体検知機能

1.「私のカメラ」がホーム画面です。カメラの名前は勝手に付いていて、何の事か分からなかったんですが、カメラ1やカメラ2でも、設置した場所でも良いのです。「玄関」にしました。

の歯車アイコンが「設定」です。タップします。

f:id:dr-yokohamaner:20190819184046j:plain

 

2.設定画面です。見れば大体分かります。しかし、いくら見ても、どこから録画の方法を設定するのか、分かりません。スケジュールだけは分かります。

SDカードの録画設定」で、録画する時間帯を設定できます。

「警報」が動体検知機能設定です。ちょっと、酷い。

f:id:dr-yokohamaner:20190819184413j:plain

3.1.でonにしたら、2.で戻りましょう。

f:id:dr-yokohamaner:20190819184805j:plain

 

4.録画の時間帯を決める。

f:id:dr-yokohamaner:20190819184936p:plain

これらの設定の後、「カメラを再起動する」かどうかは不明です。