新型コロナウィルスと薬

ザックリとした分かりやすい話をします。

まず、ウィルスは生物ではないという所から始めます。

dr-yokohamaner.hatenablog.com

 

細菌は純然たる生物なので「生きていく為の体内の化学反応」つまり代謝を止めてしまえば死滅します。人間だって青酸カリで呼吸を止められれば死にますよね。ですので、細菌は抗生剤で殺せます。

更に、細菌はそのものが細胞でできているので、人の細胞の中に入り込めません。細胞外にいるので、抗生剤が攻撃できます。

 

所が、ウィルスは人間の細胞内で遺伝子として情報を担うデオキシリボ核酸(DNA)という物質です。人の遺伝子と同じ物質です。あるいは、このデオキシリボ核酸の情報を読み出し実行する為の仲介物質であるリボ核酸(RNA)であったりするのです。只の化学物質ですから、生きていません。自分で増殖などできません。

 

この物質は細胞壁を通り抜け細胞内に入ります。すると、細胞内にあるコンピュータのような小器官が、自分のDNAやRNAと間違えてこのプログラム=コードを実行してしまうのです。細胞外なら、自己と非自己を判別する免疫細胞がいるのでこんな事は起きませんが、免疫細胞は他の細胞の中に入り込めませんね。

 

f:id:dr-yokohamaner:20200224120057j:plain

この↓67ページ。

f:id:dr-yokohamaner:20200222095754j:plain

 

で、細胞内でジャンジャンコピーが作られて、細胞が破裂し細胞外にこのDNAやRNAが飛び出し、他の細胞に入り込んで行くという繰返しが起きます。

 

初の抗ウィルス剤であるタミフルは、ウィルスが細胞外に飛び出せないように封印してしまう薬です。

 

今、話題になっているアビガンは、ジャンジャン、コピーする所で邪魔をする阻害剤です。これ、ウィルスのDNA、RNAだけのコピーを阻害するという事ができません。自己と非自己を区別できないので、やみくもに阻害します。妊婦のお腹の中に居る胎児もジャンジャン細胞増殖して育っていきますが、その増殖も阻害する可能性があり、奇形児になってしまう可能性があるので妊婦には使えません。

 

タミフルもウィルスが増殖してある所で細胞を破壊して外に出るのを阻害するのですが、この細胞を破壊する機構はウィルスのものなので、効果はウィルス依存するようです。あるインフルエンザウィルスの機構は阻害できても、ウィルス一般のその機構を阻害できるかどうか分からないんだそうです。

 

アビガンも同様に、効果はウィルス依存。この新型コロナウィルスに効くかどうか、今、治験中です。中国からは効いたと言ってきたそうです。

 

 ところで、新型コロナウィルスって、今に始まったことではなく、SARS/MERSウィルスも別の新型コロナウィルスでした。

 

 

ja.m.wikipedia.org

 

 

 

dr-yokohamaner.hatenablog.com

 

 

 

新型コロナウイルス感染症 個人と会社の対策」

 黒田玲子

これは、是非一読をお薦めします。URLが分からないのですが、クレジットはしっかり本文に入っていますので引用しておきます。 

f:id:dr-yokohamaner:20200225083101j:plain

 

 

f:id:dr-yokohamaner:20200225083144j:plain

 

f:id:dr-yokohamaner:20200225083612j:plain

 

既に過去の新型コロナウィルスであるSARS(2002)/MERS(2012)ほど致死率は高くなく、毒性は低いようです。約10年ごとに新型コロナウィルスが発生していますね。

ちなみに、現在、米国は、それどころではなくインフルエンザ!:
「 疾病対策センター(CDC)の発表によると、2019/20年のインフルエンザシーズン中、・・・

2月8日現在では、感染者数は2600万人となり、25万人が入院し、死亡者数は1万4,000人に上

 

クリーブランド・クリニックの感染症専門医Alan Taege氏は「インフルエンザの方が、新型コロナウイルスよりも感染力が強く、感染者数ははるかに多い」と話す。

 

CDCは例年、米国のインフルエンザによる死亡者数は最低でも1万2,000人と予測しているが、2017/18年のシーズンには4500万人が感染し6万1,000人が死亡している。」

dime.jp

 

・今回のCOVID-19(SARS-CoV-2)は、これらに比べると軽症で上気道炎で終わる。

・子供は軽症で終わる事が多い。

・重症になる人は、サイトカインが出過ぎるサイトカインストームで肺炎になる。これは自己の免疫の暴走。

・子供は免疫力が弱いので、この暴走が起きず、上気道炎で終わり重症化しない。

 

らしい。

 

wikipediaの説明は凄く分かりにくいので少し手を入れた説明。

薬剤が免疫細胞と結合して、免疫細胞の一つであるT細胞等が死滅する前に活性化されてサイトカインを放出することで生ずる現象である。

血中に炎症性サイトカイン等が放出され、悪寒、悪心、倦怠感、頭痛、発熱、頻脈、血圧変動等の種々の症状が起こる。

薬剤の投与量を減ずることで症状は大きく軽減される

放出されるサイトカインはインターロイキン(IL)、インターフェロン(IFN)、腫瘍壊死因子(TNF)等であり、全身性炎症反応症候群と同様である。

サイトカイン放出症候群 - Wikipedia

 

 

 

「サイトカインストーム

感染症や薬剤投与などの原因により,血中サイトカイン(IL-1,IL-6,TNF-αなど)の異常上昇が起こり,その作用が全身に及ぶ結果,好中球の活性化,血液凝固機構活性化,血管拡張などを介して,ショック・播種性血管内凝固症候群(DIC)・多臓器不全にまで進行する.この状態をサイトカインストーム(cytokine storm)という.

実験医学増刊 Vol.31 No.12

」 ーー 

サイトカインストーム:バイオキーワード集|実験医学online:羊土社


 「

サイトカインとは、免疫系が警告を出すために産生する物質で、免疫細胞を召集して感染箇所を攻撃するよう働きかける。指示を受けた免疫細胞は、体の他の部分を救うために感染した組織を死滅させる。(参考記事:「あなたの風邪は寝不足から? 睡眠と免疫力の深い関係」

 人の体を外敵から守っている免疫系だが、体内で暴れ始めたコロナウイルスのせいで、大量のサイトカインを肺へやみくもに送り込んでしまい、大混乱を引き起こす。「銃でターゲットを撃つのではなく、ミサイルを撃ち込むようなものです」と、ラスムセン氏は説明する。すると、感染した細胞だけでなく、健康な組織までも破壊してしまう。

・・・

コロナウイルスによる肺炎は、

一般に3つの段階を経て重症化するとWHOは発表した。ウイルスの複製、免疫の過剰反応、そして肺の崩壊だ。

 

」ーー 

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

 

[27日 ロイター] - 米疾病対策センターCDC)のロバート・レッドフィールド局長は27日、新型コロナウイルスが物質の表面でどの程度長く生存可能で、感染力を持つかをCDCが積極的に調査していると明らかにした。

局長は下院公聴会で政府のウイルス対応について説明。「銅と鉄の表面では2時間程度だが、段ボールやプラスチックなどほかの物質の表面ではより長時間となる。われわれはこの点を注視している」と述べた。

f:id:dr-yokohamaner:20200228185812j:plain

2/28(金) 9:44配信 Yahoo!ニュース/ロイター