Dr.Y流グーグルフォトの利用法

 

緊急に写真をグーグルサーバから削除したい時、ここから。

photos.google.com

 

原則

 1 写真を内蔵カメラでどんどん撮る。フォトに保存する。

   内部ストレージではなくSDメモリーに保存します。→ 

  カメラを起動し、歯車の設定アイコン→ 保存先 → SDメモリー(SDカード)を選びます。

    内蔵カメラの保存先を外部ストレージに変更する

 

 

あるいは、

人手で時々、ファイルマネージャーを使って移します。

dr-yokohamaner.hatenablog.com

 

   基本、削除しない。

 

 2 グーグルサーバにアップロードして保存する。

   これで、デバイスとサーバで二重に保存される。「無料の容量無制限」を選びます。

   Androidの設定のバックアップと同期をオンにする。

   フォトアプリの同期をオンにする。↓

     2台のAndroidスマホやタブレットでデータを共有、同期する

 

 

 3 テーマ毎にアルバムを作り、フォトからコピーする。

   このコピーはショートカットなのでメモリー容量を圧迫しない。

 

懸念

・ 写真が他人にもれないか? 有りえます。

   -あなたが自分のアカウント(IDとパスワード)情報を他人に教えた時

   -パスワードが簡単なものでクラッカーに破られた時

   -グーグルがサーバから個人情報を漏らした時(グーグル+で前科あり)

 

  人間は過ちを犯します。銀行カードを見知らぬ人に渡して、暗証番号まで教えて詐欺に引っかかる人が多数。

  その人間が作ったプログラムには必ずバグがあり、過ちを犯します。

  インターネットの他人のサーバに出した以上、常に写真は、他人に見られる危険に曝されていると考えましょう。

  よって、見られても構わない写真しかフォトアプリでは扱わないことです。

 

・ 写真がサーバから消えてしまわないか? 有りえます。

   -あなたが誤操作して消してしまう可能性は大きなものです。

   -過ちを犯す人間が作ったプログラムはバグを持ち、暴走する可能性は常にあります。

   なので、バイス内にも写真は残し二重に保存するのです。

 

・ 容量を超えないか?

  サーバは無制限。

   高品質を選んでおけばプロかマニアでない限り写真品質は大丈夫でしょう。

 

画素、ピクセルとは何?

 

  デバイスの内部メモリーは溢れます。

  1600万画素の写真で、1/10に圧縮されても3MBも容量を食っています。本当にこんなに大きな写真が必要か?考えましょう。綺麗にトリミングしたり、リサイズアプリで小さくすることも考慮します。

 

  それでも、溢れたら、SDメモリーに移します。

 

アプリのファイルマネージャーであるFiles by Google を起動してデバイス内のストレージ(メモリーの同義語と思えば良い)の様子を見ます。

 

f:id:dr-yokohamaner:20200717115144p:plain

 

 内部ストレージとはデバイスに組み込まれているメモリー

f:id:dr-yokohamaner:20200717115232p:plain

 

 言うまでもなく自分で入れたメモリー

f:id:dr-yokohamaner:20200717115312p:plain

 Filesのトップページで左上のメニューをタップすると下記が出ます。「設定」をタップします。

f:id:dr-yokohamaner:20200717115037p:plain