歯周病に効く?

 歯周病に効く乳酸菌があるのだそうです。今日のテーマは単なる情報であって、技術ではありません。Dr.は歯周病ではないので実験できないからです。

 少し前、飼い犬がもう歳なので歯槽膿漏になり歯が抜け始めました。獣医学も進んだとはいえ、人間の歯科のようなわけには行きません。近所の大きな病院に連れていっても特に効果的な治療をするわけでもありません。そこで、探し出したのが、この乳酸菌錠剤です。勿論、人間用です。BioGaia社のL.ロイテリ菌からなるトローチです。

 http://www.reuteri.jp/

 で、犬には、これを砕いて歯茎に塗りつけていました。この乳酸菌は腸に住むのではなく、歯周ポケットに住むのです。ということは、十分な量があれば、歯周病菌をやっつけてくれる可能性があります。

 犬は、この病気が治る前に癌を発し、残念ながら永眠してしまいました。それで、効果は確認できていません。

 癌に関しても獣医は無力で、組織検査までしたのに癌の確認さえできなかったのですが、Dr.は癌と判断してAHCCを調達し、飲ませていました。人間に使う最高日量の4gに相当する1g(体重10Kg)を飲ませていました。尤も、抗生剤などは犬は人間より多い量が必要なそうなので、AHCCも単純な体重換算でいいかどうかはわかりませんが、そんな研究はないので取りあえず体重換算です。

 AHCCは抗癌剤ではありません。抗癌サプリメントです。東大、北大の附属病院で用いられているということです。3歳児のこぶし大の悪性腫瘍が背中にできたのですが、これが2,3か月後には綺麗に無くなりました。ただ、中心に大豆ほどのしこりは残ったままでした。その後も、量を減らして飲ませ続けたのですが、半年ほど後に、別の所に転移していたのか、新たに発したのか分かりませんが、とにかく、再発し、これは直せず、無念なことに天国に行ってしまいました。荼毘に付し位牌を家族の仏壇に入れています。

 

 

 

広告を非表示にする