グーグル フォト アプリの動作のまとめ

 

 

 詳しくは↓

dr-yokohamaner.hatenablog.com

 

前提 グーグルのフォトアプリを使う。

   バックアップと同期がオン

   写真が消えても自己責任

   「?」は未確認。

 

 1. デバイス(スマホタブレット)内蔵カメラで撮った写真はそのデバイスのメモリーと、クラウドと呼ばれるインターネット上のグーグルサーバーの両方に保存されます。

 

 2. フォトアプリの「フォト」からは上記1.の写真が見えます。

フォトアプリのアイコン

f:id:dr-yokohamaner:20200705085729j:plain

 

フォトアプリの画面にある「フォト」ペインpane。

f:id:dr-yokohamaner:20200714101410j:plain

  デバイス内とサーバーの両方にある写真はデバイス内の写真が優先されます。サーバーにある写真も同じものなので気にする必要はありません。削除する時だけ注意が必要です

 

バイス内の写真を削除すれば、デバイス内からは無くなります。

 

しかし、サーバーの写真が代わりに現れるのでデバイスから無くなった事に気づき難く、それをもう一度に削除すると、それはサーバーにある写真なので

 

サーバーからも無くなります。完全になくなったと言う事です

 

 3. フォトアプリの「ライブラリ」からは、色々な見せ方ができます。

「アルバム」には、テーマ(ペットの写真、旅行の写真など)に沿って、「フォト」から選んだ写真のみが見えます。ここの写真を削除しても元の「フォト」の写真は残っています。

 

アーカイブ」とは倉庫の事なのでここに移した写真は、「フォト」から消えます。必要になれば「フォト」に戻せます。

 

「デバイス内の写真」は文字通りです。

「フォト」で見えていて、ここで見えない写真はグーグルサーバーにあります。グーグルサーバーにある写真は、デバイスがネットに繋がらない環境ではフルサイズでは見られません。小さな写真は見えます。当然、デバイス内に写真実体が無いのでネットに繋がっていない状態では壁紙にしようとしてもできません。

 

 4. 写真の削除は原本のある「フォト」から行います。デバイス内の写真があれば、それが削除されます。グーグルサーバーにしかなければ、グーグルサーバーから削除されます。

 

 5. デバイス1と同じグーグルアカウントを持つデバイス2の「フォト」では、デバイス1の「フォト」と、デバイス2の内蔵カメラで撮った写真が見えます。但し、デバイス1の写真がデバイス2にダウンロードされている訳ではなく、グーグルサーバー内の写真が見えているだけです。それを削除すると、グーグルサーバー内の写真が削除されます。(デバイス1には写真本体が残っているので、再度デバイス1からグーグルサーバーにアップロードされる?)

 

 6. デバイス2の「フォト」内の写真はグーグルサーバーにアップロードされます。グーグルサーバーには、デバイス1の写真とデバイス2の写真がゴッチャに保存されます。おなじグーグルアカウントを使っているので当然です。安心でもあります。

バイス1とデバイス2の「フォト」は同じに見えます。しかし、「デバイス内の写真」は異なるはずです。

 

 7. デバイス内の写真を削除するには「フォト」からゴミ箱に捨てれば良い。「デバイス内の写真」からゴミ箱へ捨てても良い。

 

 8. グーグルサーバー内の写真を削除するには、「フォト」から「デバイス内の写真」以外をゴミ箱に捨てれば良い。写真を上にスワイプすればプロパティが出るので「ダウンロードする」とあるものはデバイス内に無いという事。グーグルサーバー上に有ります。

 あるいは、ブラウザでここにアクセスして、フォトアプリを使わず直接削除。

ここ↓から消します。

 https://photos.google.com

 

 こんな↓メッセージがでます。

f:id:dr-yokohamaner:20200716175344j:plain

 

f:id:dr-yokohamaner:20200716175125j:plain

 

 

 

 9. 内蔵カメラで撮った写真、あるいはグーグルサーバーからダウンロードした写真は、「フォト」に入ります。

 

10. 上記9.以外の画像、色々なアプリで取得した画像は、それらのアプリがフォルダーを作って「ライブラリ」の「アルバム」に入ります。

 

11. 「フォト」で見えていても、ファイルマネージャーやギャラリーなど、それ以外のアプリから見えない写真はグーグルサーバー上にあるものです。

 

 

バックアップと同期は、デバイスとアプリの両方でオンにします

 

バイスの「バックアップと同期」の設定

ホーム画面またはアプリ内にある「設定」から

f:id:dr-yokohamaner:20200716080858j:plain

     ↓

 f:id:dr-yokohamaner:20200716080607j:plain

 

 フォト・アプリ の「バックアップと同期」の設定

 フォトを起動→ 右上のアカウントアイコン → 「フォトの設定」 → 「バックアップと同期」

 

f:id:dr-yokohamaner:20200711130244p:plain


                ↓

 

f:id:dr-yokohamaner:20200711130326p:plain

                  ↓

f:id:dr-yokohamaner:20200711130443p:plain

 

                  ↓

 

f:id:dr-yokohamaner:20200711130158p:plain

 

                ↓

 

f:id:dr-yokohamaner:20200716084216j:plain

 

 

dr-yokohamaner.hatenablog.com

 

 

なお

f:id:dr-yokohamaner:20200716084309j:plain

 

緑で囲った「100GBを月額料金250円で購入」は広告です。無視。

赤矢印で示したのが現状で無料です。

 

 無料の「高品質」設定で、1600万画素の写真と1080p動画を無料かつ容量無制限で保存できます。これで、プロか特殊なマニアで無ければ充分です。

 

因みに、


メインカメラ 1,300万画素

で撮った場合、グーグルは最大1600万画素で保存してくれるので十二分です。

 

普通、カメラ画像は、1300万=13M画素=39MBですので、大きすぎます。1/10くらいに圧縮を掛けています。

f:id:dr-yokohamaner:20200716130859p:plain

 

更に、スマホのディスプレイ が、110万画素しかないので1600万画素あっても無駄ですね。
6.3型ワイド IPS液晶 (LEDバックライト)。
1,520×720ドット 1,094,400 画素 = 110万画素

 

 

プロが高級カメラで撮ってA1サイズで印刷するような場合しかお金を払う意味は無いです。

 ただ、普通は圧縮するので、グーグルの1600万画素が、BMPの生の無圧縮を言っているのか、圧縮したもの相当なのかが問題です。

 

Google フォトで高画質を設定している場合には1600万画素未満の写真およびフルHD未満の動画であってもアップロードするときにさらに圧縮されるようになった点です。

例えば、1600万画素以下の「iPhone 6 Plus」で撮影した写真(3264×2448ピクセル)をGoogle フォトで高画質でアップロードしても圧縮されてしまい、撮影したiPhone 6 Plusに保存されているオリジナルファイルとは違うファイルとなります。

以前に掲載した写真では2MB(パスタ)だったものが1MB、1.1MB(蛙)だったものが540KBに圧縮されました。動画ではフルHDの488MBのMP4ムービーは80.5MBに圧縮されました。

これはもっと小さな写真でも圧縮されてます。ただし、圧縮されるのはJPEG(JPG)形式の写真やMP4形式などの動画で、少なくともPNG形式の写真は圧縮はされないようです。

s-max.jp

 

ですが、静止画で半分程度なら普通の人には十分でしょう。

好き好きに。

 

dr-yokohamaner.hatenablog.com

 

 

 

gigazine.net

                   ↓

バイスの設定からアカウント項目に行き、グーグルアカウントのグーグルフォトを削除する。