読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャープと東芝のストップ安は買いか?

 シャープについては、以前にも書いています。

私、失敗しないので的株式投資がしたい人のために - dr-yokohamanerのブログ

 こうなるべくしてなった結果なので驚きませんし、被害もありません。しかし、東芝は寝耳に水です。ポートフォリオにも組み込んでいます。

 全子会社までも決算発表延期なのだそうです。

東芝、全上場子会社の決算発表延期へ 不適切会計問題で

2015/5/11 16:47

 

www.nikkei.com

 「不適切会計」が何であるのか調査中ということで発表がないのが困ります。発表できないということは、相当深刻な問題なのでしょう

 かつて東芝はこのような深刻な問題を少なくとも2度起こしています。一つは1987年の東芝機械ココム違反事件です。「東芝機械」であって、東芝ではないのですが、日米貿易摩擦の真っ最中のこととて、米国はここぞとばかり無関係の東芝を責め立て会長、社長の同時辞任にまで至りました。

東芝機械ココム違反事件 - Wikipedia

 2度目は12年後、1999年の東芝FDC事件です。

東芝,フロッピー・ディスク・コントローラ回路を巡る米国での訴訟で和解,和解費用として1100億円を計上
 東芝は,同社のノート・パソコンが内蔵するフロッピー・ディスク・コントローラ回路の不具合について,同社の米国子会社3社が米国テキサス州連邦裁判所に提訴されていた集団訴訟で和解した(発表資料)。和解費用として1100億円の特別損失を計上する。この結果,1999年度の業績予想(単独)を当初の300億円の赤字から650億円の赤字に下方修正した。」-- 東芝,フロッピー・ディスク・コントローラ回路を巡る米国での訴訟で和解,和解費用として1100億円を計上 - 技術経営 - 日経テクノロジーオンライン

 高がパソコンのフロッピーディスクコントローラの不具合で1100億円です。余りに馬鹿らしすぎます。体重100kgか200Kg以上の人たちを集め、マクドナルドがジャンクフードを我々に食べさせたので、こんな体になったと悪徳弁護士が集団訴訟を起こす国とはいえ、こんな訴訟は地裁では面白半分に勝訴させても、上級審で敗訴するのです。

「 西室社長は「自らも気づかなかったバグで理論訴訟を受けたことには非常に矛盾を感じるが、経営判断として和解を決めた」と説明する。

 しかし本当にそれだけなのか。実は原告の訴状には、もし本当だとすれば米国では袋だたきにされかねない、信じられない主張が含まれている。訴状の第二七項。そこで原告は「被告らのFDCが過去において、そして現在も欠陥品であると知っているにもかかわらず、被告らの中には、その製品がコンピュータ業界の標準を満足するものであるかのように販売を続けている者がいると記しているのだ。

」-- 米国巨大司法リスクの恐怖−特集 東芝巨額和解に新事実 :: 怖いよ!アスベスト!|yaplog!(ヤプログ!)byGMO


NEC Chairman Hajime Sasaki, who previously ran the company's semiconductor division, says NEC informed Toshiba of the floppy-disk controller bug once it learned of it. Toshiba, however, took no action, and the bug was apparently forgotten. A Toshiba spokesman declined to comment.
」-- ZDnet

 これら2つの事件は米国絡みです。東芝原子力インフラ充実のために元米国企業のウェスチングハウスを買収しています。

 前の事件から16年後、またしても、東芝自身の知らない所で、米国絡みで今回の事件が起きているとすれば、相当に深刻な事件で、「調査中」として口をつぐんでいるより仕方ないかもしれません。国内だけの事件ならこんな深刻な動きにはならない気がします。

 日本の新聞はこのような神経質な問題に関しては信用できる記事を書きません。言うまでもなく日本の新聞社は小さな島国の中で食べていて、グローバル展開できていない企業なので大企業からの広告が飯の種だからです。例えば自分が住んでいる地方の20万都市にある大企業のスキャンダル記事を、そこから広告を貰って食べている地方新聞が書けるかという事を考えれば、理解できるでしょう。Dr.Yは微妙な問題の時は、Reuter, Bloomberg, Wall Street Journal, ZDnetなどの現地版を読んでいます。

 普通は、ストップ安の、グループ20万人の巨大企業は、買いですが、もう少し様子を見ます。