読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪をひかない方

 一気に寒くなりましたね。朝、そんなに防寒的な服装で出なかったので、帰りは震え上がりました。駐車場で車の温度計をみると7°Cでした。Dr.Yは一時期毎年風邪をひいていました。ちょうどこういう季節の変わり目です。年中行事に嫌気がさし、色々な事をやってみましたが、最終的な解決は葛根湯でした。高いドリンクのものではなく、クラシエ(旧カネボウ)の錠剤で良いのです。江戸時代、どんな病気に対しても葛根湯を処方した医者をヤブ医者と言う意味で葛根湯医と読んだそうですが、イエイエ、名医なのです。葛根湯は免疫強化剤なので何にでも効くのです。

 最近は加えて、インフルエンザ対策で予防注射も打っています。これと葛根湯があれば鬼に金棒で、それ以来、風邪もインフルエンザもひいたことがありません。ただし、葛根湯は引く直前に飲むのがコツです。おかしいなと思ったら即、4錠を2,3日続ければ引きません。どこでもすぐに飲めるように、1日分を年中、鞄に入れています。引いてしまってから飲んでもなかなか効きません。Dr.Yは免疫が弱いので、強い人は効くかもしれませんが。

 今日のように急に冷えると、体も冷えてしまっています。どこかに、体温が平温より1度C下がると、免疫力は30%下がると紹介したと思います。逆に1度C上げると5倍も強くなるらしいのです。風邪って、昼間、仕事をしている時に引くってないんじゃないでしょうか。朝、起きると引いていたという場合が多い気がします。寝ると、免疫機構も寝てしまうのか、防備が薄くなり、ウイルスにやられるのではないかと思います。それで、今日はしっかりと風呂で体を温めました。

 これで、風邪対策は万全です。今年も、風邪知らずで済みますように。

 書き忘れました。二酸化塩素の抗ウイルス製剤を首から吊っています。こんな化合物があるんですね。酸素はーイオン、塩素もーイオンを形成するので、こんな化合物があるとは知りませんでした。イオン結合ではなく、共有結合しているのでしょう。首掛けタイプがどこのドラッグにもおいてあります。間違っても、100円ショップで売っている中国製のまがい物を買ってはいけません。次亜塩素酸ソーダを使っているので、肌がただれますし、そもそも危険です。台所にある塩素系漂白剤の成分ですから。

 二酸化塩素は効かないという報告もありますが、このテストをしているお役所は二流の技術者しかいない所なので、本当の所はわかりません。身につけると幸福になれるブレスレットとか、買えば金運が向く印鑑とか、結婚運が高まる水晶球とか、こういう頭の正常な人なら誰が見てもインチキだと分かる物だけに絞って問題にしていればよいと思うのですが。

広告を非表示にする