知的生活の技術 プロローグ

「知的生活の技術」とは、梅棹忠夫京都大学名誉教授のある名著のパクリです。分かる人にはわかりますね。

漱石が言うように、智に働けば角が立ちますが、もの言わぬは腹ふくるる業になりますので、兼好法師の教えに従って敢えて角を立ててみます。

 免責:本ブログには色々なノウハウが書かれています。実行する場合、自己責任でお願いします。

 

 科学・学術のカテゴリーは客観的ですが、社会カテゴリーは主観で書かれています。

私の立場は、ある試験によると以下であることをお断りしておきます。

19.4%の共同体主義とかです。社会に住んでいる以上、この程度の協調性、秩序感がないと、単なる危険な無政府主義者になってしまいますね。左右どちらにも触れない、思考停止・固定観念イデオロギーがないのでせめても社会的協調性がないと困ります。この結果には満足しています。

 

f:id:dr-yokohamaner:20181016112244j:plain

 

www.idrlabs.com

 

 性格タイプ

f:id:dr-yokohamaner:20190623075416p:plain


https://kokoronotanken.jp/jungno-12no-genkei/
 

「十で神童、十五で才子、二十歳過ぎれば只の人」という俚諺がありますが、大人なら誰でも出来る事、知っている事を子供でできたと言うだけ。知の絶対的レベルでは意味がありません。20歳過ぎてからが勝負です。成人時の推定偏差値は90を遥かに超えていました。つまり、100万人中、99万9千9百90人は問題外。トップ10人で、入試、国家試験など全国順位が推定できる試験の、ある試験では勝ち、ある試験では負けというバトルを繰り返していたのです。メンサなんて上位2%といういい加減な定義。本来、全人口の2%でしょうが、実は競争試験もしていない。なんということもないもの。ですから、上の「一番怖い事:皆から馬鹿にされること」は思いもよりません。そんな程度で賢者って矛盾です。Ph.D.です。

 

 ユングの12の元型
「1.賢人
賢人は自由な思想家です。知性と知識が生きる意味であり、基盤です。知性と分析能力を使い、世界や存在を理解しようとします。真実、引用、論理的議論が常に喉元にあります。」

www.arealme.com