科学

日本語は曖昧?

という言葉を時々耳にします。が、そういっている人も、実は何が曖昧なのか分かっていないのではないでしょうか。 人工知能・ロボットに言葉が使えない理由 - dr-yokohamanerのブログ を書いていて、それを書いてみようと思って忘れていました。 「profitもp…

人工知能・ロボットに言葉が使えない理由

Lower profits do not mean lower prices. どういう意味なんでしょう。中学2年生以上なら一応誰でも翻訳はできるでしょう。 より低い利益はより低い価格を意味しない。 全然意味がわかりません。 (企業の)減益は株価下落を意味しない。 なのだそうです。 …

冬以外は、新幹線から富士山が見えにくい理由 富士五合目

東海道新幹線に乗っていてもなかなか富士山頂上は拝めません。清冽な冬の寒気がある時は見えることもありますが、春以降、秋までは難しいですね。 これは太陽に炙られた富士南麓の山肌や木々から水蒸気が噴き出していて、それが下から見ると雲として見えるか…

クラウド ビッグデータなどなど

既に旧聞に属しますが、TVのビジネス番組をみていますと、良く、クラウドとかビッグデータとかを聞きます。なんだかすごい物かなと思ってしまいますが、大した話ではありません。そもそも専門用語というも愚かしい名称なのです。 米国人というのは、とにかく…

識語率のすすめ

日本の識字率=リテラシーは非常に高い事で知られています。江戸時代さえ、武士は藩の作った藩校で、庶民は寺小屋で勉強する体制があった結果、現在の後進国などより遥かに高い識字率や文化を誇っていました。 ところが、最近の小学児童~大学生~大人は、新…

エビデンス・ベースト:evidence based :証拠を基にした とは

故東工大名誉教授 宮城音弥氏の言葉でしたか、次のような言葉があります: 証明なくして何物をも容認せず アプリオリに何物をも否定せず evidence basedとは「証明なくして何物をも容認せず」という精神のことです。 この事を示した面白い記事があります:「…

高1の女子高生が大発見 vs. 小学生低学年レベルの大学生

「クマノミがイソギンチャクに刺されぬ謎、女子高生が解明カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないのはなぜか――。その仕組みの一端を愛媛県の女子高校生2人が解き明かした。5月に米国で開かれる世界最大の学生科学コンテストに出場する。 解明したのは…

人工知能は人間を超えられるか その4: パナソニックの首掛け型小型翻訳器

昨夜のニュースで面白いものを紹介していました。 「パナソニック 小型翻訳機など最新技術公開日本テレビ系(NNN) 2月10日(火)22時29分配信 東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に向けた最新の技術が公開された。 10日、パナソニックが…

人工知能は人間を超えられるか その3 :人工知能と人間の脳と神秘主義

人間の精神活動を神秘化し、あるいは至上のものとし、人は神聖にして犯してはならない的な思想を持つ人は相当数いるんじゃないかと思います。 立花隆という人は文系なのですが、実に理系の勉強も良くしていて、論理的な思考もできそうで、下記のような本を出…

人工知能は人間を超えるか? その2

人工知能には感情がないとか、意思がないなどという人が時々でることがあります。人工知能とはコンピュータという機械=ハードウェアのことではありません。コンピュータを動かすソフトウェアのことでもありません。人間の大脳の機能と同じ事を行うためのア…

2045年問題:人工知能は人類を超えられるか?

最近、こんな事が問題になっているのですね: 「 2045年問題 『人工知能』が支配する未来。 シンギュラリティ(技術的特異点) 後の脅威シンギュラリティとなる2045年・・人工知能が人類の知性を超えてしまった場合、どうなるのか? 人類は滅亡? 核兵器以上の…

イスラム教とイスラム国の関係

オーム真理教は日本人の教団だから日本人は全員オーム真理教のようなテロリスト集団だと思いますか?思わないでしょう。いわゆる「イスラム国」がテロリストであることとイスラム教とは何の関係もないことです。 しかし、世間ではイスラムと言えば、テロリス…

理解するとはどういう事か?

Dr.の持論では理解のメカニズムには2種あると思うのです。 何かを理解するとは、その何かの「構造」を頭脳の中に作り出すことです。パターンと言ってもよいでしょう。四角とか三角とか、四角の上に三角が載っているとか。あるいは、タータンチェックの模様も…

天気が悪くなると古傷が痛むメカニズムと治療法

今しがた、NHKのためしてガッテンで放映していました。簡単に言いますと、天気が悪いとは低気圧であることです。低気圧になると耳の中の気圧センサー細胞がそれを検知し、そのために蝸牛管の中のリンパ液が動いて体が揺れているという信号が耳から脳に送られ…

男(オス)は生物にとって必要か?

つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。 という徒然草の気分で暇に任せて考えてみました。男はなんのために居るのでしょう? 昨今のイスラム過激派テロから、高知…

「ない」の証明が悪魔の証明?STAP細胞の非存在証明は不要!

誰が悪魔の証明などということを言ったのでしょう。例によって、日常生活の上のいい加減な話ですね。特に、あまり頭の良くないマスコミが「悪魔」という言葉に惚れてしまっていい加減な事を言っているのです。 何かを証明しようとする場合、3つの場合があり…

人工知能とは?

最近、この言葉を聞く機会が多くなりました。こんな専門用語が普通にテレビや新聞などに出てくるのですね。ナイーブに言えば、人間の大脳の能力を機械で実現したもの、あるいは、するための技術という事でしょう。そして、そんなことができる機械はコンピュ…

STAP細胞検証の理研の報告会と科学の方法:演繹推論、帰納推論、発想、背理法

演繹推論(deduction)とは、簡単に言えば、三段論法の事です。つまり、新しい発見はありません。すべて既知の知識の中に含まれているからです。ただ、我々が明示的にそれに気が付いていないだけのことです。つまり、この推論の結論は100%正しいのです。 …

STAP細胞はあるのか?

一言です。ありません。なぜかと言えば作り出せなかったからです。それが科学です。 テレビで報道しない重要な事実があります。 ・小保方氏の研究室の冷蔵庫からES細胞が出てきた ・STAP細胞などできなかったので、小保方氏はこれを若山教授に渡し、彼はそれ…

太平洋側の名古屋でなぜ雪?

日本海側の地域は大雪で大変なことになっていますが、関東をはじめ太平洋側は晴れです。なぜ、名古屋だけが雪なのでしょう。実は、名古屋は日本海側と言えなくもないのです。太平洋側と日本海側は概ね高い山脈によって分けられています。高い山に当たった日…

燃料電池車(水素自動車)になった時の日本自動車メーカの危機管理

水素自動車というものは、実に簡単な構造です。ということは、ノウハウが無くなる可能性があります。日本の自動車は故障しないことで世界に売れています。その強み=差別化要因が無くなる日が来るかもしれません。メーカは今からそれへの対処策を考えておく…

電気自動車と水素自動車?

マスコミは変な言葉を編み出すものです。掲記の名称では何が違うのかわからないでしょう。 電気自動車と呼ばれているものも、水素自動車と呼ばれているものも、両方ともに、電気モータで動く電気自動車なのです。電池が違うだけのことですね。 違いが分かる…

パラグライダーが送電線に引っ掛かり宙吊り;感電しないの?

迷惑なことです。何しろ送電線の電気を止めての救出ですので、普通なら大規模停電です。今では電力網もインターネットみたいにこちらから送電できなければ、あちらから送るというような事ができるので、事実上、日本では停電は起きなくなっています。勿論、…

生命とはなにか

そもそも生命の定義ができるものでしょうか。科学は悩ましくこの問題を扱っていますが、ここでは日常の常識に沿って考えてみました。「悩ましく」という意味は、生命と非生命の間が、そんなに劃然と分離されていないという事です。鉄の釘と、細菌の間に、ま…

ハイブリッドとプラグインハイブリッドと燃料電池カー

ハイブリッドとは「あいのこ=混血」という意味ですが、HVはガソリンエンジンと電気モータの混血車という意味です。HVと略称します。プラグインハイブリッドカー(PHV)は家庭の100vからも充電できるHVという意味で、どちらもハイブリッドですが、運用…

ロボットに文章が書ける?

こんな記事がAPから出ていてマスコミはそれなりに反応しているようです。 「 014/7/9 0:12 AP通信の広報担当者は7日、コンピュータープログラムを使って米企業の決算記事を自動作成する試みを週内にも始めると明らかにした。“ロボット記者”の登場により現…

理研、小保方論文再調査せず

当然と言えば、当然の結果でしょう。マスゴミが間違えているのは、これは科学の問題であり、社会の問題などではないということであって、ましてや法の問題ではないということです。あの虚言癖のある科学ごっこをしている女性は、さっさとSTAP細胞自身を作っ…

不眠を考える

睡眠するためには、睡眠中枢を働かせ、覚醒中枢を抑制する必要があります。この両方ができないと寝られません。人間の脳の松果体からは睡眠ホルモンのメラトニンが出ますが、これが高齢になり出にくくなると寝られなくなります。海外旅行の時差ぼけで寝付き…

STAP細胞論文問題:笹井氏編

笹井氏がマスコミ会見して、また一段と一般の人には混沌とするばかりでわからない事件になってしまっていますので、普通の表現に翻訳しましょう。 Nature論文は、小保方が共著者になってくれと言ってきたから、名前貸ししただけだよ。僕は何もしてないけど、…

STAP細胞マスコミ会見の真実

一般の人にもわかりやすいたとえ話でしましょう。 記者: あなたは本当に火星に念力で行ったのですか? 小保方:行きました。もう200回くらい行ってます。 記者:あなた以外の人も行っていますか。 小保方:はい。行っています。 記者:その人の名前はい…